青木一晴の顔画像とは?自宅は?犯行の動機は?

22日午前、東京・杉並区の住宅で父親の首などをナイフで刺したとして、青木一晴容疑者(55)が逮捕された。顔画像とは?自宅は?犯行の動機は….

スポンサーリンク

           出典:NNN

事件概要

22日午前、東京・杉並区の住宅で父親の首などをナイフで刺したとして、長男が逮捕された。父親は病院に運ばれたが死亡が確認された。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、無職の青木一晴容疑者(55)。警視庁によると青木容疑者は22日午前、杉並区下高井戸の自宅で父親の章達さん(87)の首などをナイフで刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。章達さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。死因は失血死とみられている。

青木容疑者は自ら、「人をナイフで刺した」と警視庁に通報していたが、その後の調べに対しては黙秘しているという。警視庁は今後、容疑を殺人に切り替えて調べる方針。
出典:NNN

子供がここまで育ててきた親を殺してしまうのは、悲しいですね。

しかも87歳とかなり健康的に長生きしていて、死因が殺害になるとは、父親も夢にも思ってなかったと思われます。

犯行の動機は?

今回の事件の特徴は87歳と55歳のともに高齢者が同じ一つ屋根の下に暮らしていたと。

そして、青木一晴容疑者は55歳で既に無職、父親も定年はとっくに過ぎているので、無職の可能性が高いです。

つまり互いに同じ屋根の下に暮らす時間が長かったかと思われます。

長い時間一緒にいるということは、当然互いにストレスを感じやすくなったり喧嘩の要因が増えます。

87歳という父に55歳の息子で無職であれば、腹が立つ事が起きてもおかしくないですね。

87歳にもなるとボケなども始まってくるので、そいういったストレスがあったのかもしれませんね。

青木一晴のプロフィール

名前青木 一晴(あおき かずはる)
年齢55歳
職業無職
住所杉並区下高井戸

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

犯行現場の自宅は?

犯行現場の自宅は東京都杉並区下高井戸という京王線と京王井の頭線の間に位置するところです。

           出典:NNN

住宅街に囲まれた静かな位置に自宅があります。

スポンサーリンク

青木一晴の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・55で親と同居してて無職。もう動機は決まったようなもんだな。
・もう世の中が変・・・
・元トラック運転手だった人です。たしか免許取り消しになってその後、どうしてるか知りませんですが
・東京多くないか?大阪、福岡では口論の末…刺されたってパターンが多いが…東京では気付いたら刺されてたってパターンが多いから余計に怖い(汗)
・【親の子殺し、子の親殺し】ホントに悲しいです
・8050問題 やっかいだよ。
・87歳まで長生きして、まさか息子に殺されるとは・・・
・ポイントは無職の駄目息子。
・刑法200条の尊属殺人廃止してから、親殺しめちゃめちゃ増えたやんけ。
人権屋、どう責任取んだよ。
・「55にもなって働かない事を咎められた」動機はこれやんけ。黙秘の意味なし 笑
出典:yahooニュース

ネットでは、親子での犯罪を悲しむ声や怒りを感じる声があります。

また容疑者の年齢から無職で殺人者という肩書になってしまいあきれてる声も見受けられます。

介護でもストレスを感じることは珍しくないことですが、広い心をもって育ててくれた上の世代には大事にしていただいてほしいもんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする