青山佳那の顔画像!Facebook流失!?彼氏の集合住宅を彼女が放火!!犯行動機の真相が怖すぎる!?

青山佳那容疑者(24)が30代男性と同居しており部屋に火を付けたことで現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕されました。気になる顔画像やFacebookアカウントは?衝撃の犯行動機は下記で解説します。

スポンサーリンク

事件概要

30日午後2時半ごろ、東京都荒川区西尾久7の鉄筋コンクリート造り7階建て集合住宅から出火。2階の1室約40平方メートルを焼いた。火元の部屋に住む30代男性と、同じマンションの70代男性が軽傷を負った。30代男性と同居していた女が部屋に火を付けたことを認めたため、警視庁尾久署は現住建造物等放火容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは同所の無職、青山佳那容疑者(24)。「同居していた男性に別れ話を切り出されたので、迷惑をかけて死のうと思った」などと供述しているという。

 逮捕容疑は同日午後2時半ごろ、部屋の中で衣類にライターで火を付けて室内の壁や天井に燃え移らせたとしている。
出典:毎日新聞

青山佳那のプロフィール

名前青山佳那
年齢24歳
職業無職
住所東京都荒川区西尾久7

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行現場は?

「〒116-0011 東京都荒川区西尾久7丁目」の鉄筋コンクリート造り7階建てに住んでいたそうです。

詳細の位置は特定できていませんが、新しい情報が入り次第こちらに更新します。

犯行の動機は?

容疑者はなぜ今回同居していた男性宅を放火したのか、気になる犯行動機を下記で解説します。

「同居していた男性に別れ話を切り出されたので、迷惑をかけて死のうと思った」
出典:毎日新聞

今回の事件で容疑者は、別れ話しがきっかけで今回の犯行を企てました。

24歳ともなるとそろそろ結婚を考え始める年齢にも近づく年であり、同居までしていのたで彼氏のことをかなり本気で思いがあったと思われます。

死のうと思うほどですから、これ以上の愛は今後ないとまで思っていたのでしょうか。

それだけに、今回の別れ話が非常に容疑者にとって受け入れがたい現実で受け止めきれなかったと推測されます。

青山佳那の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は彼女である容疑者が同居していた彼氏の家を焼いて死のうとした事件でした。

他人からしたらそこまでするかと思う事件でしたが、苦しいほど愛する人ができたという点においては素晴らしいともとらえられますね。

今回の幸いにも命に別状はないようなので、きちんと罪を償い、今後ふさわしい相手が見つかることを祈るばかりですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする