呉鵬ちゅう(吴鵬翀)とメンバーの顔画像は?人気ブランド「supreme」とは?

東京都渋谷区の人気ファッションブランド店の近くで警備員が集団暴行を受けた事件で、中国籍の呉鵬ちゅう容疑者ら6人が逮捕されました。メンバーの顔画像や犯行の現場写真多数、ブランド店についても記述します。

スポンサーリンク

         出典:NNN

事件概要

今年3月、東京・渋谷区にある人気ファッションブランドの店の近くで警備員が集団暴行を受けた事件で、警視庁は中国人の男ら6人を逮捕した。

傷害の疑いで逮捕されたのは、中国籍の呉鵬ちゅう容疑者ら6人。警視庁によると、呉容疑者らは今年3月、渋谷区神南にある人気ファッションブランド「シュプリーム」の店舗近くで、29歳の男性警備員をイスで殴るなどしてケガをさせた疑いが持たれている。当時、店の近くには新商品の発売を待つ客によって250人以上の行列ができていたという。

店側が整理券を配布する際に身分証明書をチェックしていたところ、呉容疑者らとトラブルになったという。警視庁は6人の認否を明らかにしていない。
出典:NNN

身分証の確認からどのようにして喧嘩に発展したんでしょうか。不所持か拒否かいろいろ考えられますが、そもそもなんで整理券だけで身分証が必要なのか詳しくは記載がありませんでいした。

呉鵬ちゅうのプロフィール

名前呉鵬ちゅう(ごほう ちゅう)
年齢26歳
職業不明
血液型不明

報道局によって名前が吴鵬翀や呉鵬ちゅうがありますが何によって違うのかは不明です。

おそらく全部漢字なのが中国名つまり正式名だと思われます。


またそれ以外はほとんど情報が掲載されておりませんでした。情報が追加され次第更新していきます。

犯行現場は?

渋谷区の渋谷駅の近くに位置し狭い道路のところに大きい建物がそびえたっています。

周りには人通りも多い場所でさぞ目立っていたかと思います。

人気ブランド「supreme」とは?

supremeは1994年にジェームス・ジョビアがニューヨークに1軒のスケートショップをオープンさせたところから始まった。

セレクトショップ”ユニオン”、現NY Stussyのオーナーでもある”James Jebbia”が1994年に設立し、当時のスケートショップに並ぶアパレルとは、一線を企したクオリティーの高い服作りや、カルバンクラインの広告であるケイトモスのモノクロポスターに赤いボックスロゴを貼ったアンダーグランドなプロモーション活動を行う。

スケートの枠を超えた様々なアーティストとのコラボやNike、Vansとのコラボモデルで世界中のコレクターを魅了し続けている世界のストリート界をリードするNo.1ブランド。
出典:https://fashion.latte.la/brand/supreme

下記がシュープリームのアイテムを使ったコーディネートの一部写真です。

出典:https://fashion.latte.la/brand/supreme

調べて分かったことですが海外でもその人気はすごく、海外通販やコーディネートをしたスナップ写真が多数ありました。通販で売られているものはどれも高く中国人の富裕層なら間違いなく買いたがる商品ですね。

詳しいホームページはこちら→supreme

スポンサーリンク

呉鵬ちゅうとその仲間の顔画像は?

         出典:NNN

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・規範意識なくてトラブルメーカーが多すぎる中国人は
閉め出す必要があるのでは?
全員が悪いわけではないけれど、さすがにそろそろ手を打つ必要があるでしょう。
・転売目的なんだから、日本人のみの販売に限定すべき。身分証持参にすれば解決。
近隣は安心して過ごせない。

・日本の警備員も無防備すぎる。(映像では必死に抵抗してはいるものの)

警備員が軽備では多人数では簡単にやられてしまう。
せめて催涙スプレーやスタンガンの使用所持を認めた方が良い。
警備員に軽武装させれば宝石強盗や現金強奪も減ると思われる。

・犯人の額に焼き印を入れてやりたい。転売目的と刻印してやりたいよ。
そうすれば二度と出来なくなるから。
出典:yahooニュース

物凄い数のコメントがたくさんありましたが、共通している意見では中国人嫌いの多い日本人の不満の声や、転売目的であり純粋にブランドの客でないことによる腹立たしさの意見が多いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする