林和彦の顔画像は?罪状や犯行現場は?他の事件との関連性?

東京都町田市で帰宅途中の30代女性にわいせつ行為や殴るなどを暴行した林和彦容疑者(39)が逮捕されました。気になる犯行現場や容疑者の今後の判決、他の事件の関連性など記載します。

スポンサーリンク

           出典:NNN

事件概要

東京・町田市の路上で、帰宅途中の女性にわいせつな行為をしたうえケガをさせたとして、派遣社員の男が逮捕された。

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、派遣社員の林和彦容疑者。警視庁によると、林容疑者は今月5日の深夜、町田市の東急田園都市線・南町田駅近くの路上で、帰宅途中の30代の女性に背後から抱き付きわいせつな行為をしたうえ、抵抗した女性の顔を殴るなどしてケガをさせた疑いが持たれている。
出典:NNN

林容疑者は調べに対し、

「両胸をわしづかみにしたところ、抵抗されたので、無我夢中で顔面を何度も殴った」
出典:NNN

と容疑を認めているという。

現場近くでは、先月末にも同じ時間帯に同様の事件が2件起きていて、警視庁は服装などの特徴から、林容疑者が関与している可能性があるとみて調べている。
出典:NNN

今回は同様の事件についての記述を発見することはできませんでした。

気になるところは最初の被害者が発生した際によく逮捕されなかったということですね。

こちらは推測ですが、回数を重ねるにつれ慣れで犯行が悪化した可能性があるため初犯の時は今回よりも控えめだったのかもしれませね。

林和彦のプロフィール

名前林 和彦(はやし かずひこ)
年齢39歳
職業派遣社員
住所不詳

39歳になって派遣社員というのも珍しい気もします。

女性にとっては派遣社員のような不安定な職業だと交際にふさわしくないと考える人もいます。

人材の入りはけの多い派遣業界では人付きあいも短くなりがちで、男女が分かれやすい業界のため出会いを探すのも大変かもしれないですね。

ストレスもたまりやすい業界でもあるので、もしかしたらそれが一気に爆発して今回の犯行に発展したかもしれないですね。

犯行現場は?

犯行現場は東京都町田市の東急田園都市線・南町田駅となっています。町田といえば東京と神奈川県のちょうど真ん中に位置する町として有名な場所です。一部が東京から神奈川に土地が移った事例もあります。

以下が南町田駅の周辺画像です。

駅の周りの写真ですが夕方ごろですが非常に閑散としていて人通りが非常に少ない土地です。

深夜に女性が一人で歩いていたら、周りに人眼を気にしなくていい犯人からしたら格好の餌食ですね。

また町田といえば昼間はサラリーマンや学生が非常に多く行き来している場所ですが、居酒屋やバーのような夜のお店も多いため、治安は夜になると急に雰囲気は悪化します。

実際はあまり危険ではないですが、夜は危なそうな人がちらほら増えてくるので、少し警戒が必要な場所です。

スポンサーリンク

林和彦の顔画像は?

           出典:NNN

映像で見た感じでは頬が痩せており、両サイドの大きな耳が特徴的な感じがします。

報道陣に囲まれている際も顔さず何かを考えているような様子ですね。

今回、FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

林和彦の罰は?今後の処罰は?

今回林和彦容疑者は女性にたいして後ろから被害者の体を触ったり、暴行を加えています。

罪状は刑法の第百七十六条「強制わいせつ罪」にあたるのではないかと思います。

第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。
出典:電子政府の総合窓口

さらに被害者はケガをおっているので、刑法の第二百四条「傷害罪」にも該当するかと思います。

第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
出典:電子政府の総合窓口

今回の林和彦容疑者の罪は重くなりそうですね。

さらに同様の事件が同一犯と確定した場合はさらに罪がおもくなるので、相当思い罪になりそうですね。

スポンサーリンク

ネットの反応

・普通に両胸わし掴みとか男のロマンだが嫌がられる相手にするなと思う。

・性犯罪者は皆、人相が独特だなぁ。北京原人かよ。

・性犯罪者って抵抗されることがあたかも想定外みたいな供述するよね。読むたびに腹立つわ。

出典:yahooニュース

容疑者の特徴的な外見に突っ込む人や、容疑者の行動に対して共感しかねる声がありました。

女性にとって帰宅途中という仕事の疲れでわりと無防備になっている状況で、後ろから襲われたり暴行まで発展するのはほんとうに恐怖だと感じます。

安心して帰れないのが悲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする