林誠一容疑者の顔画像は?自宅やバイト先は?Facebook調査結果はこちら!

林誠一容疑者(62)は年金不正受給の疑いで、逮捕されました。受給ができた理由や自宅先やアルバイト先はどこか?Facebook調査結果はこちら!

スポンサーリンク

           出典:JNN

事件概要

収入を実際よりも少なく申告し、5年以上にわたって生活保護費を不正に受けとっていたとして、62歳のアルバイトの男が警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは、アルバイトの林誠一容疑者(62)で、2012年4月から去年6月までの間、東京・羽村市に収入を実際よりも少なく申告し、5年以上にわたって生活保護費およそ530万円を不正に受け取った疑いがもたれています。林容疑者は自らが偽造した収入証明書を提出していて、不審に思った市の担当者が確認したところ、不正受給を認めたということです。

 取り調べに対し、容疑を認め、「たばこや食料を買う生活費を増やしたかった」と供述しているということです。
出典:JNN

林誠一のプロフィール

名前林誠一(はやし せいいち)
年齢62歳
職業ビル清掃アルバイト
住所東京都羽村市

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

自宅現場は?

東京都羽村市という情報以外は公開されていませんでした。

東京都羽村市は東京の都心から離れた位置で近くには米軍基地もある場所です。

スポンサーリンク

林誠一の顔画像は?

           出典:JNN

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

なぜ生活保護対象と認定されたのか?

生活保護の条件は

・援助する身内や支援者がいない

・資産を全く保有していない

・なんらかの理由(病気やケガ)で働けない

・上記を満たしている条件で月の収入が最低生活費を下回っている

今回容疑者の家族について報道は一切ありませんでしたが、

年齢を考えれば親は他界されている可能性が高いですね。また一人で生活していれば支援者もいない可能性は高いです。

資産もないという設定で、年齢から働けない理由もいくらでも作れますね。

そして大事なのが生活費ですね。

アルバイトで働いてる以上最低の生活費は稼げるでしょうがここで不正の金額を申告したため見事生活保護対象になったと考えられます。

実際はビル清掃の仕事で同じ期間の約5年間で計1000万円以上の収入があったそうです。

一年間で200万円で月に換算すると月収16万円ですね。新卒の手取りくらいはありますね。

東京であれば家賃6万円の物件でも10万は手元に残ります。充分に最低の生活はできますね。

スポンサーリンク

ネットの反応

・生活保護不正受給者はどんどん摘発して欲しいね。マイナンバーと紐づけもやって欲しい。

・こういうのどんどんやってくれたら納税頑張ろうと思う。

・しっかり調べれば、こんな奴はまだまだいると思う。

・容赦なく、躊躇なく、遠慮なくどんどんやってほしい。
そうすれば本当に必要な人への支給もスムーズにいくようになるだろう。

・こういった不正発覚にはマイナンバーは効果覿面。マイナンバーの提出を頑なに拒む人が居るんだけど、たぶん何かしら問題抱えてるのを自覚してるんだろうなー、と思ってしまう。

・こいつのタバコのために納税してると考えたらイライラしてきたわ

出典:yahooニュース

ネットの反応ではこういったまだ発見されてない不正の受給者のことを考えるときちんと納税していると怒りを覚えてるようです。

今後は正しく生活困難の人々のみに支給されることを願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする