ホームアローンでGoogle Home の使い方が凄すぎるとTwitterや世界で話題に!【映像あり】

Google アシスタントを使ってホームアローンがケビン役のマコーレー・カルキンの本人によるリメイク版が放送され全世界で話題になっています!日本でも金曜ロードショーでホームアローンが始まりバズっています!詳細は下記へ!

スポンサーリンク

           出典:YouTube

ニュース概要

クリスマスの定番映画となった「ホームアローン」でGoogleからリメイク映像が公開されました。

Google アシスタントを使ってホームアローンがケビン役のマコーレー・カルキンの本人によるリメイク版が放送され全世界で話題になっており、日本でも金曜ロードショーでホームアローンが重なり話題が沸騰中です。

マコーレー・カルキンのプロフィール

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

recent pic of Mac! my man !! | #macaulayculkin #recent |

ⓜⓐⓒさん(@macaulay.culkin)がシェアした投稿 –

名前マコーレー・カーソン・カルキン(Macaulay Carson Culkin)
年齢1980年8月26日(38歳)
職業俳優
出身アメリカ合衆国ニューヨーク州
身長167.6㎝

1990年に出演した『ホーム・アローン』が世界中で大ヒットとなり、世界一有名な子役(『ギネスブック』認定)となっています。

その後成功したことから両親のトラブルが発生し、本人は現役引退を発表。

2012年、あまりの激やせぶりから重度のヘロイン中毒で余命半年だと報じられたことが話題になる。この後も何度か、死亡したとのニュースがネット上に流れており、2014年11月8日には大手メディアであるMSNBCのから訃報が流されたが、彼の所属するバンドの関係者によって否定されている。

2016年頃より俳優活動を再開。『Changeland』(2019年公開予定)の撮影に参加していることが2018年に報じられた。

スポンサーリンク

ホームアローンとは?

               出典:videomarket

『ホーム・アローン』(Home Alone)は、1990年のアメリカコメディ映画。

シカゴに在住するマカリスター家は、ケビンの伯父(ピーターの兄)のパリ転勤を機にクリスマスの家族旅行に行くことになっていた。しかし深夜に起きた停電で目覚まし時計がリセットされてしまう。翌朝、全員が寝坊した上、急いで空港へと向かったため、前日の兄とのトラブルにより屋根裏部屋で寝ていた8歳の少年ケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)が1人家に取り残されてしまった。

ケビンはうるさい家族がいなくなった事を喜び、1人暮らしを満喫する。しかし、その家を2人組の泥棒、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーヴ・マーチャント(ダニエル・スターン)が狙っていた。ケビンは家を泥棒から守るべく、日用品を用いて家中にトラップを仕掛け、泥棒たちを迎え撃つ。
出典:Wikipedia

ストーリーを簡単に要約すると、大家族の少年が家に置いてきぼりになり、留守の間クリスマスの空き家を狙う泥棒を退治する話です。

ホームアローンはクリスマスの時期の話であり、近年、日本ではクリスマスの時期が近づくと放送されるようになってきています。

本人登場の話題のリメイク映像がこちら!

撮影当時は10歳で現在は38歳の大人となって登場しています。

28年の歳月を得てもやはりケビン役の面影は残っていますね。

ホームアローンのファンにとってはこの上ない喜びのクリスマスプレゼントとなっているようです。

スポンサーリンク

Twitterの反応(バズってます)

ネットの反応では、ホームアローンファンや視聴者から絶賛の声や驚きの声が殺到しています。

天才ケビンのGoogleHomeの使いこなし方がずる過ぎると思うほど凄いという声もあり話題沸騰中となっています。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする