ジン

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

藤井康成容疑者の顔画像!メソミルとは?入手方法は?ハト大量死骸ので公園がやばいことに!?

藤井康成容疑者の顔画像!メソミルとは?入手方法は?ハト大量死骸ので公園がやばいことに!?

今年1月、ハトに毒物のエサを与えて殺し、鳥獣保護法違反の疑いで逮捕されたのは、大東文化大学外国語学部の准教授・藤井康成容疑者(51)になります。犯行動機や日本のハト問題や事件の詳細を以下に記載します。

スポンサーリンク

出典:JNN

事件概要

東京・北区の公園などでおよそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかった事件で、警視庁はハトに農薬を混ぜた米を食べさせ殺したとして、大東文化大学の准教授の男を逮捕しました。

 鳥獣保護法違反の疑いで逮捕されたのは、大東文化大学外国語学部の准教授・藤井康成容疑者(51)です。藤井容疑者は今年1月、東京・北区の神谷公園で劇物「メソミル」を含む農薬を混ぜた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑いが持たれています。

 「今年1月、こちらの公園内で、複数のハトとスズメの死骸が一列に並んだ状態で見つかったということです」(記者)

 藤井容疑者は農薬を入れた水の中に漬けた米を乾かし、エサとしてハトに与えていて、自宅からは劇物の「メソミル」を含む農薬が押収されたということです。周辺の公園や駅では2016年4月以降、およそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかっていました。

 「(自分が見たのは)3か月くらいで、45羽くらい死んでいるのを見た」(目撃した人)

 取り調べに対し、藤井容疑者は容疑を認め、「ハトが自分のところに来て、汚すのが嫌だった」と供述しているということで、警視庁は余罪についても調べています
出典:JNN

3年前から周辺の公園や駅ではおよそ100羽のハトやスズメの死骸が見つかっているようで想像するだけでもおぞましい光景が目に浮かびますね。

日付 2019年1月
場所 東京・北区の公園(神谷公園)
犯行内容 農薬を混ぜた米をまき、ハト4羽に食べさせて殺した疑い
犯行道具 劇物の「メソミル」を含む農薬
罪状 鳥獣保護法違反の疑い
認否 容疑を認めてる
スポンサーリンク

藤井康成の顔画像やFacebookは?

出典:JNN

逮捕直後は白い服装で搬送されていました。51歳にしてはあまり白髪がないように見えますね。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

藤井康成のプロフィール

名前 藤井康成(ちば たかひろ)
年齢 51歳
職業 大東文化大学外国語学部の准教授
住所 不明

 

私立大学の准教授の平均年収は857万円ほどといわれてます。

大学教授と比べ300万ぐらい差があるようですが、それでも一般職と比べたらなかなかの収入かと思います。

逮捕されたことで退職はもちろんですが、この収入が無くなり51歳で犯罪歴がつくと社会復帰も大変になりそうですね。

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

犯行動機は?

警察の調べによると容疑者は以下のように述べています。

「ハトが自分のところに来て、汚すのが嫌だった」
出典:JNN

今回容疑者の行動はハトに対する嫌悪感や不潔感によるものでした。

今回は毒物をわざわざ用意して行っているため計画的な犯行の可能性が高いと思われます。

おそらく日ごろから公園をよく使い、二度とハトに困らないようにするためいっそのこと毒物で片付けようと考えた可能性がありますね。

スポンサーリンク

日本人のハト嫌い問題!

ハトを好みエサを与える人もいれば、容疑者以外にもハトを好ましく思わない日本人は数多くいます。

今回の容疑者の行動は行き過ぎていますが、日本ではハトが町中に住み着き人々がエサを与えたりゴミを投棄することでハトの糞で被害にあう住民も多くいます。

今回のような残酷な犯罪や近隣住民の被害を減らすためにも不用意なエサやりやごみの不法投棄などは控える必要がありそうですね。

以下がハト嫌いのツイートになります。

 

犯行現場は?

犯行現場は「神谷公園」になります。

住所は「〒115-0043 東京都北区神谷2丁目33−6」に位置します。

周りは住宅街のエリアで公園前には大きなマンションが隣接し、ベランダ側に位置する公園はマンションからの目撃者が多数いる可能性もありますね。

スポンサーリンク

メソミルとは?

今回犯行に使われたメソミルとはいったいどんなものでどのようにして入手できるのでしょうか?下記に調査内容を記入します。

出典:JNN

Wikipediaの情報によるとメソミルとは大型害虫向けの殺虫剤のようです。

メソミルmethomyl)は、米国デュポン社が開発したカルバメート系の殺虫剤。青色の粉末で、弱い硫黄臭がある。日本国内では1970年に登録され、「ランネート」などの商品名で販売されている。主に野菜畑において、ハスモンヨトウをはじめとした大型害虫に対し、水和剤として使用される。
出典:Wikipedia

ランネートという商品名で販売されており、オンラインでも購入することができてしまいます。

このランネートという製品を使って猫が大量死している事件もありました。

           出典:日本農業システム

非常に低下で気軽に手に入ってしまうため、今後も野良の動物が同じような被害にあう可能性がありますね。

 

スポンサーリンク

ネットの反応

・公園や神社、マンションのベランダなどでよく目にするハトは、鳥獣保護法が無許可の捕獲や殺傷を禁じている「鳥獣」に当たります。違反者に対する刑罰は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

・本人のためにも逮捕されてよかったよ。塀の中に鳩は入ってこないからな。しかし惨いことをする。エスカレートすると、今度は公園の子供が狙われるかも。

・知識を残酷な事に使うのは良くないと思う。

・こうゆう人がいるからこそ罪を重くするべきだと思う。

・この人のやり方はいけませんが、何も考えずに餌を与えた人がいる、結果ハトが大量になりフンの被害もあったりするので考えなければならない問題だと思います

・毒殺するのはいけないことと知らなかったのだろうか、
准教授だが。

・こういう動物を平気で殺せる奴は、シリアルキラーに変貌する可能性があるから要注意。多分サイコパスでしょうね。

・ストレスや不満が根底にあったとしても、行政とかに対応を依頼しなかったってことは、結果として自分でそうしてみたいって衝動があったからなんじゃないかなぁと。生き物を傷つけることに罪悪感を感じないってのは、近隣住民からしてみたら、次に何か起きた時はそれ以上の出来事もって想定しちゃうんじゃないかなぁと思います。逮捕されてよかった
出典:yahooニュース

まとめ

今回の事件は大学の準教授がハトを毒殺する事件でした。

使用された毒物はネットでも簡単に買えてしまい。

容疑者以外にもハトに対してあまり良い印象を持っていない人々は多くいます。

またハト以外にもカラスや野良猫などに日ごろから被害や迷惑を受けている人々は容疑者のような心理になり、同じ行動に走る可能性もゼロではありません。

お互いが干渉しない形で共存できる方法を探す必要がありますね。

スポンサーリンク