藤田直子容疑者の顔画像!前橋市のアパートで中学2年と親子喧嘩!自宅現場はこちら!

藤田直子容疑者が14歳の中学生の娘に殺人容疑を働いた疑いで逮捕されました。

気になる顔画像や殺人動機は?犯行のあった自宅現場の詳細は下記へ!

スポンサーリンク

事件概要

8日午後4時20分ごろ、前橋市のアパートで「親子げんかがあった」と119番があった。駆けつけた救急隊員が、このアパートの一室に住む中学2年、藤田明希(あき)さん(14)が倒れているのを発見し、病院に搬送したが、意識不明の重体。

群馬県警前橋署は同日、その場にいた母親の無職、藤田直子容疑者(51)が「携帯電話の充電器のコードで首を絞めた」と話したことから、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後4時15分ごろ、寝ていた明希さんの首を絞めて殺害しようとしたとしている。「殺そうと思った」と容疑を認めているという。

 藤田容疑者は明希さんと2人暮らし。首を絞めた後、別居中の夫に連絡し、夫が119番した。明希さんの同級生によると、明希さんは学校を休みがちだったという。現場はJR前橋駅から南に約1キロの住宅街。
出典:毎日新聞

藤田直子のプロフィール

名前藤田直子(ふじた なおこ)
年齢51歳
職業無職
住所前橋のアパートから南に1キロ

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行の自宅現場はこちら!

今回の犯行容疑のあった自宅アパートが公開されていました。

現場は前橋駅から南に一キロ離れたところとされています。

付近には学校がいくつかあり、その学校に被害にあった娘が通っている可能性がありますね。

           出典:共同通信

藤田直子の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

犯行の動機は?

逮捕容疑は同日午後4時15分ごろ、寝ていた明希さんの首を絞めて殺害しようとしたとしている。「殺そうと思った」と容疑を認めているという。
出典:毎日新聞

犯行の動機の要因は明確に公開されていませんでしたが、娘の日ごろの態度によるものと考えられます。

明希さんの同級生によると、「明希さんは学校を休みがちだった」という。

精神的な問題を抱えている可能性がありますね。学校に行けない状態になっており、夫は別居中ということで、思春期の年頃の娘のストレスはすべて母親に負担が来る環境ができています。

こうした環境が今回の事件を起こした原因になったと考えられます。

ネットの反応

・うちは高校生の娘がいます。勝手に部活は辞めてくる。バイトはしない。朝は起こさないと起きれない。遅刻は平気でする。めんどくさいと思ったら学校に行かない。休みは夕方まで寝てる。起きてる時はずっと携帯触ってる。見てるとイライラします。でも今の子はこんなんなのかな…。と諦めたら少し楽になりました。じゃないとこっちがおかしくなりそうです。
親子だからこそ我慢できない感情が余計にあったのではないでしょうか…。

・ぶん殴ってやろうかと何度も思ったことあるけど、理性は失わずに 娘はもう自立しましたがノイローゼや鬱になってたら手をかけても不思議はないんだ。
『するつもり』なんかなく『やってしまった』になるとおもう。
これは、わたしがノイローゼになったから感じた恐怖です。

・ほとんど登校してないのに、どうして明るい性格だとわかるの??それにほとんど学校行ってない子が悩みなんて相談しないでしょ。

・思春期の子どもとの向き合い方は難しい。うちも取っ組み合いの喧嘩もかなりの頻度であります。外では真面目で良い子ほどストレスを発散することも。

・更年期や鬱の時期に反抗期の娘がいたらしんどいやろうな。母娘は特にはげしい口喧嘩になるし。

・お父さんはいないのかな。シングルならキツいよね。私もそうたからわかる。けど、してはいけないことはわかる。このお母さんは頑張りすぎたのかも。

最近、子が親を… 親が子を… ってニュースが多い様な気がする

・やめて・・・。でも年頃の娘さん・・・何か事情があったのかな・・・。
この記事だけではわからないけれども。
出典:yahooニュース

容疑者が最終的にストレスを抑えきれずに爆発した可能性がありますが、仮にも親子であるため。ネットの反応では悲しみ満ちた声が数多くあります。

母親のつらい状況に同情をする声もあり、今回の事件は親子関係の人々にはつらいニュースとなってしまいましたね。

このような事件が減るよう祈るばかりですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする