伊達昭也の顔画像は?308万円相当の純銀のやかんとは?お店は京都の清課堂!!

308万円相当の純銀のやかんを盗んだとして、京都府警は3日、伊達昭也(てるや)容疑者(79)を窃盗容疑で逮捕し、常習累犯窃盗の罪で起訴されたと発表した。顔画像やお店の情報ややかんについて詳細はこちら!

スポンサーリンク

事件概要

308万円相当の純銀のやかんを盗んだとして、京都府警は3日、住所不定、無職伊達昭也(てるや)容疑者(79)を窃盗容疑で逮捕し、常習累犯窃盗の罪で起訴されたと発表した。2日に神戸市内の知人宅を家宅捜索し、やかんを発見。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。

 中京署によると、伊達容疑者は3月13日夕、京都市中京区の老舗金属工芸店「清課堂(せいかどう)」で、ショーウィンドーに飾られていたやかんを盗んだ疑いがある。防犯カメラ映像から容疑者が浮上。店にいたのは1分間ほどで、かばんに入れて立ち去ったという。

 店は江戸時代後期の1838(天保9)年創業。7代目の山中源兵衛(げんべえ)店主(48)によると、やかんは3日朝に店に戻ってきた。「売り飛ばされ、戻ってこないと諦めていた。大きな傷もなくてホッとしている」と話した。
出典:朝日新聞デジタル

伊達昭也のプロフィール

名前伊達昭也(だて てるや)
年齢79歳
職業不明
住所不明

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

問題の純銀308万円のやかんは?

           出典:朝日新聞デジタル

盗まれたやかんは表面に粒状の装飾が施された純銀製で、縦横がそれぞれ20センチ余り、高さが持ち手を除いて9センチほどの大きさで、店頭では308万円で販売されていたということです。
出典:NHK NEWS WEB

写真で見てもかなりずっしりしてますね!実際に火にかけるとどのような反応がするのか気になるところですね。

販売店は清課堂(せいかどう)

京都市中京区妙満寺前町の金属工芸品店「清課堂(せいかどう)」で今回盗まれ店主の7代目の山中源兵衛さんは驚いてほっとしている様子ですね。無事に戻り何よりですね。

京都の寺町通りにある非常に伝統あるお店のようですね。

店主も七代目まで継がれているのがすごいですね。

伊達昭也の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・そんな目立つものを簡単に売りさばけるルートがあるなら、全力でつぶさないと……

・余罪あると思う

・ニュースで見たなぁ。防犯カメラの。ちゃんと捜査してたのね。京都府警グッジョブ!

・第三者に売られてたらオシマイだもんな。

・もちろん盗んだ奴が悪いのは 当たりだけどどうして簡単に盗めるほど高額商品に対するセキュリティーが甘いの??? お店の人に断りも無く商品に手を伸ばした瞬間 瞬時にチェーンソーみたいな物が落ちてくる仕掛けを設置するべきでは?

・いいもの持ってるからやっかんだのか?やかんだけに。しかし逮捕されて万事きゅうすか…やかんだけに。
出典:yahooニュース

ネットの反応では様々な意見が飛び交っており、無事に戻って感心した様子のコメントがいくつもあります。

今回の犯行でセキュリティの甘さも指摘されているようですが、老舗のお店ですと伝統的な内装のためセキュリティが甘いのは仕方ないかもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする