ジン

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

猪股栄子の顔画像!自宅住所が特定され流失!?不本意な過失は犯罪になるのか?ネットでは容疑者に同情の声多数!

time 2019/02/24

猪股栄子の顔画像!自宅住所が特定され流失!?不本意な過失は犯罪になるのか?ネットでは容疑者に同情の声多数!

2019年2月24日、仙台市太白区青山2丁目、で猪股栄子容疑者(68)が死体遺棄の容疑で逮捕されました。

気になる容疑者の顔画像や火災住所は?ネットでは容疑者に対して同情のコメントが多数寄せられています。情状酌量の余地はあるのか下記で説明します。

スポンサーリンク

事件概要

仙台南署は24日、仙台市太白区青山2丁目、無職猪股栄子容疑者(68)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。23日朝に同容疑者の自宅が半焼する火事があり、女性の遺体が見つかり発覚した。

 署によると、遺体は同居していた母ひで子さん(94)とみられ、猪股容疑者は20日ごろに死亡しているのを見つけたが、2階の寝室にそのまま放置していた疑いがある。

 調べに対し「母ともう少し一緒にいたくて、毎晩一緒に寝ていた」と供述。亡くなった後、毎日、枕元に線香やろうそくを供えており、23日もお供えをして1階に下りた後、火が出たと話しているという。

 司法解剖の結果、ひで子さんは吐いた物をのどに詰まらせたことによる窒息死と判明。枕元からはろうそく立てなどが見つかり、署はろうそくが火事の原因だったとみている。
出典:朝日新聞デジタル

今回の事件をまとめると

①容疑者の母親が窒息死で死亡

②娘である容疑者は母と一緒にいることを願い、遺体をそのまま放置

③線香やろうそくが原因で火事に

④死体遺棄で容疑者逮捕

猪股栄子容疑者のプロフィール

名前 猪股栄子(いのまた さえこ)
年齢 68歳
職業 無職
住所 仙台市太白区青山2丁目

 

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行自宅現場は?

出典:TBC

自宅からはかなりの量の白煙が舞い上がり辺り一面が煙で充満しています。

出典:TBC

燃えた自宅は白焦げで、窓ガラスを無くなり壁や屋根が折れ曲がった様子が見受けられます。

報道では〒982-0834 宮城県仙台市太白区青山2丁目と発表されていました。

報道映像から分析したところ住所は24番地近くになります。

ごく一般的な一軒家ですが、隣には新築同様と思われる住宅が隣接し、燃え移らなかったのがせめてもの不幸中の幸いですね。

猪股栄子の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

今回の事件では珍しく容疑者の方を持つコメントが多数あります。

死体遺棄で火災になったとはいえ今回の罪状に少し同情する様子があり、世論はもう少し違う形で対応すべきではないかという意見が多くあります。

犯罪であるにしろ今回のケースでは刑が減刑できるものなのか気になるところですね。

・死体遺棄容疑って可哀想だな。他に言いようはないのかね。火を出してしまったのは過失だけど、もう少し一緒にいたいと言う心情は無下に否定するのが憚られる。

・そういったあなたでもお母様はあなたの味方です。きちんと罪を償ってお母様の墓前にお参りできる日が早く来ることを念じています。

・お母様と一緒に居たいって気持ちは分かるけど、お母様がそろそろ親離れするようにしてくれたのでしょう。

・故意じゃなくても火事を起こしたのはもちろんいけないし、亡くなられたら粛々と順序立ててやらなきゃいけないことがあるのは分かるけど、死体遺棄なのかな?なにかしらの枠に当てはめなきゃいけないから遺棄になっちゃうんだろうけど、母ともう少し一緒にいたくてって想いまで切り捨てるようでなんだか冷たく感じてしまう。
殺人をして山林に埋めても遺棄、コンクリ詰めにして海に沈めても遺棄。
情状酌量の有無でしか分けられないのかな…

・情状酌量の余地は充分にあると思うので死体遺棄に関しては大丈夫だと思うが、これからひとり老後を生きていかねばならないんだなと思うと、死体遺棄罪などよりもっと厳しい明日が待ち受けているのかもしれないな・・・老後に一人は・・・つらいよ。

・母親が亡くなりとてもショックでただ一緒にいたい一心だったのだろうと思うと、火事をおこしたのは過失だが気持ちはわかるな。

・とても愛されて、とても愛していたんでしょうねそして孤独でもあった、のかもと、思ってしまった死体遺棄かぁやるせないな

・亡くなったあと、線香を上げたりしていたのは、死体遺棄と同じではないと思いたい

・市役所も、広報とかで、年寄り家庭の対応策を指導する必要がある。団塊世代が、これからくるのが怖い。
出典:yahooニュース

スポンサーリンク