石川廣の顔画像!犯行自宅現場!寒くない理由は?犯行の動機に共感の声が複数!?全裸で徘徊を繰り返して逮捕!

石川廣容疑者(65)が足立区の路上で全裸で徘徊を繰り返してた疑いで逮捕されました。気になる顔画像や自宅現場は?犯行の動機についてネットの反応は?なぜ寒さが平気かなど下記で解説します!

スポンサーリンク

           出典:JNN

事件概要

寒さの厳しい未明の時間帯に東京・足立区の路上で全裸で徘徊を繰り返していたとみられる65歳の男が、警視庁に逮捕されました。

 公然わいせつの疑いで逮捕されたのは無職の石川廣容疑者(65)で、25日午前3時ごろ、足立区佐野にある自宅アパート付近の路上で、全裸で徘徊した疑いがもたれています。

 取り調べに対し、石川容疑者は容疑を認め「自分の部屋で全裸になり、そのまま外出したら解放感が感じられた」と供述しているということです。

 現場周辺では、先月から未明の時間帯に石川容疑者に似た男が全裸で歩く姿が何度も目撃されていて、警視庁は余罪についても調べています。
出典:JNN

石川廣のプロフィール

名前石川廣(いしかわ ひろし)
年齢65歳
職業無職
住所東京都足立区佐野

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行現場は?

           出典:JNN

           出典:JNN

「〒121-0053 東京都足立区佐野2丁目25番地」に報道映像と重なる建物がありました。

現場付近には「佐野保育園」があり、容疑者が徘徊する姿を園児たちが誤ってみてしまった可能性がありますね。

石川廣の顔画像は?

           出典:JNN

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

犯行の動機は?寒くないの?

取り調べに対し、石川容疑者は容疑を認め

「自分の部屋で全裸になり、そのまま外出したら解放感が感じられた」
出典:JNN

と供述していました。

夏場であれば露出系の犯罪が増加傾向にありますが、冬の場合は異例ですね。

今回容疑者は見せるのが目的ではなく、身体を冷たい空気にさらし、刺激を受けることが主な目的だったようですね。

しかし、外は気温がかなり低い温度でなぜ平気なのか下記で解説します。

高齢者の温度感覚

学者の研究によると高齢者の体温調節機能は65歳を超えたところから温度感覚の麻痺が顕著になるそうです。

老化によって温度受容の機能が低下が見れら感度が鈍くなるそうです。

お風呂に入る際によくやけどをするのはこうした理由が原因のようです。

容疑者も温度感覚が若年世代に比べて温度感覚が麻痺しており、外の冷たい空気に触れることで初めて生きている感覚の刺激があったのかもしれません。

ネットの反応

・年を取ると寒さに鈍感になるのかもしれない。

・気持ちはすごいわかる自分には真似できない

・周りは不快感があったとさ!

・夏なら分からなくもない言い訳だと思う。

・そういえば、つい先日フランスで役者も観客も全ラの演劇が上演されたってニュース見たなあ。外国いけば理解してもらえるかもよ?

・地元でもすごく有名な人がこういうことして捕まってた
病気なんだってね

・確かにおっさんの全裸は見たくないが、やってみた者にしか分からない解放感があるのだろう。こういうのって紙一重なんじゃないかな、常識人ぶってる人ほど目覚めそう。

・寒さも感じない、恥じも感じない。もういろんなネジが外れてしまったんだろう

・この寒い時期か!大目に見て!いやいかん変態だ厳罰にせないかん!

・まあ気持ちは分かるけどダメなやつだから独房でしっかり頭冷やしてくれ。出典:yahooニュース

ネットの反応では、今回の容疑者の行動に対して、とにかく身体を冷やす前にしかるべきところで頭を冷やせというコメントが多くありました。

高齢者は皮膚感覚がだいぶ鈍くなり生きている実感を得るのが難しくなるのかもしれません。

今回の容疑者の行動はある意味、誰にでも起こりうる動機のように思えます。

ネットでは解放感を得たいという共感の声も複数見受けれられました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする