積水ハウス地面師詐欺事件とは?カミンスカス操の顔画像、事件経緯解説!17人容疑者一覧!

積水ハウス地面師詐欺事件の主犯各のカミンスカス操容疑者が逮捕されました。これまでの事件経緯や16人の他の犯人について、プロフィールや詳細情報は下記に記載します。

スポンサーリンク

           出典:FNN

事件概要

積水ハウスが土地取引を巡り所有者を装った「地面師」グループに代金を詐取されたとされる事件で、不法滞在の疑いでフィリピン当局に身柄を拘束されていたカミンスカス(旧姓・小山)操(みさお)容疑者(59)が11日、日本に強制送還された。警視庁は同日、偽造有印私文書行使などの疑いで逮捕し、発表した。

一連の事件の逮捕者は17人目で、うち6人が約55億5千万円を詐取したとする詐欺罪などで起訴されている。同庁は事件を計画したとされる内田マイク(65)、詐取金を管理していたとされる土井淑雄(よしお、63)の両容疑者とともに事件を主導したとみて調べる。

 カミンスカス容疑者は11日夜、マニラ空港発の航空機で羽田空港に到着し、逮捕された。

 捜査2課によると、カミンスカス容疑者は他の容疑者らと共謀して2017年6月、東京都品川区の旅館跡地の所有者になりすまして偽造の委任状などを法務局に提出し、うその登記をしようとした疑いがある。

 捜査関係者らによると、所有者役の羽毛田正美(はけたまさみ)被告(63)の「財務担当」を名乗って積水ハウスとの交渉に同席。「内縁の夫」役を含めたなりすまし役らを指揮し、うその取引をまとめたとされる。

 知人によると、カミンスカス容疑者は事件後、東京・浅草のフィリピンパブに頻繁に通い、都内のマンションの部屋を複数購入するなどしていた。昨年10月13日にフィリピンに出国。警視庁が最初の8人を逮捕する直前で、出国前に少なくともマンションの1部屋を売却していたという。

 フィリピン入管当局によると、カミンスカス容疑者は昨年10月13日、日本人などに最大30日間認められているビザなしの短期滞在で入国。入管関係者によると、約2カ月間行方不明だったが、北部ルソン島アンヘレス市にいることを確認。職員が後をつけ、同12月19日、マニラ首都圏パサイ市の日本大使館近くの路上で身柄を拘束した。

 現地報道によると、カミンスカス容疑者はホテルなどで生活。入国時、所持金は500ユーロ札100枚(約640万円)だったが、拘束時には半分ほどに減っていた。「一方的に罪をかぶせられたくない。主張すべきことを日本で主張したい」と話したという。

 カミンスカス容疑者は昨年2月、朝日新聞の取材に応じた。「不動産仲介を頼まれただけ」とし、羽毛田被告については「本物だと思っていた。パスポートで本人確認をしたが、ホログラム(による偽装)があった。100%だまされた」と自身は被害者だと強調していた。
出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

事件経緯まとめ(リーダーのカミンスカス容疑者の行動)

①2017年6月、積水ハウス地面師詐欺事件発生

②2018年10月13日、カミンスカス容疑者がフィリピンへ逃亡し、2か月間行方不明

③2018年10月16日に最初の8人が逮捕され、そのあと8人が追加で逮捕

④2018年12月19日、リーダーはマニラ首都圏パサイ市の日本大使館近くの路上で身柄を拘束

⑤2019年1月11日夜、リーダーはマニラ空港発の航空機で羽田空港に到着し、逮捕された。

カミンスカス操のプロフィール

名前カミンスカス操(みさお)
旧姓小山操(こやま みさお)
生年月日1959年(59歳)
職業地面師
出身高知県南国市

地面師とは?

土地所有者に成り済まし、勝手に不動産業者などに売り渡して代金をだまし取る人物。グループを形成していることが多く、身分証や印鑑登録証明書など書類を偽造する役、虚偽の申請書類で土地登記する役、土地所有者に成り済ます役などが関与し、相手をだます。
JIJI.com

積水ハウス地面師事件とは?

2017年6月上旬ごろ、品川区西五反田にある約2000平方メートルの土地について、東京法務局品川出張所で偽造した委任状などの書類を提出して地主の女性に成り済まし、虚偽の土地移転登記をしようとした疑い。


 積水ハウスなどによると、同社は昨年3月に土地の売却情報を得て、同4月24日に地主を名乗る女と不動産会社を介して土地を買い受ける契約を結んだ。

6月1日までに手付金と残金の計約63億円を支払い、品川出張所に移転登記を申請したが、書類が偽造と発覚して同9日に却下された。


 最終的に約55億5000万円が回収不能となり、積水ハウスは8月に被害を公表。詐欺容疑で警視庁に刑事告訴していた。
出典:JIJI.com

スポンサーリンク

犯行現場は?

現場は「品川区西五反田にある約2000平方メートルの土地」になります。

           出典:JIJI.com

カミンスカス操の顔画像は?

           出典:FNN

           出典:ANN

空港で到着したときは全身黒い服装で多い、サングラスとマスクで素顔が見えないように覆われていました。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

これまでの容疑者一覧

・1人~8人目(2018年10月16日逮捕)(2018年11月5日再逮捕)

羽毛田正美容疑者(63)職業不詳、足立区足立

生田剛容疑者(46)不動産会社の実質経営者、渋谷区恵比寿

他の人は報道が省略されています

・9人目(2018年10月21日逮捕)

佐々木利勝容疑者(59)住居職業不詳

・10人目(2018年10月28日逮捕)

岡本吉弘容疑者(42)会社役員、新宿区大久保

・11人目(2018年10月29日逮捕)

北田文明容疑者(58)不動産会社役員、住所不定

・12人目(2018年11月6日逮捕)

三木勝博容疑者(63)不動産会社役員、江東区東雲

・13人目(2018年11月17日逮捕)

武井美幸容疑者(57)パート従業員、東京都荒川区荒川7丁目

・14人目(2018年11月20日逮捕)

内田マイク容疑者(65)会社員、服役中

・15人目(2018年11月21日逮捕)

土井淑雄(よしお)容疑者(63)会社役員、東京都中央区晴海1丁目

・16人目(2018年12月18日逮捕)

木下賢容疑者(49)職業不詳、神奈川県座間市入谷5丁目

・17人目(2019年1月11日逮捕)

カミンスカス操容疑者(59)地面師実行リーダー

地面師事件の構図

           出典:JIJI.com

メインは下記の3名になります。

実行リーダー:カミンスカス操

計画立案:内田マイク

詐欺金差配:土井俶雄

そのほかは…

手配役、仲介業者、口座準備・調整、なりすまし役などでかなりの人数で構成されています。

スポンサーリンク

ネットの反応

・犯人だと決めつけるわけでないが、これで国外逃亡って少し考えますね
社会主義国逃げてたらって思うと、ちょっとね

・ところで積水ハウスの担当者はクビになったのかな?

・どこかに億単位のカネを隠しきたのでしょうね。

・握手して手まで降って、、、相当金ばらまいたなぁ…

・土地被害者と腐ったブローカーは古来から居る。改憲して懲罰の強化を。
パスポートもセキュリティ強化したほうがいいな。

・今朝のマニラの映像はNAIAの3タミだったようなので、HND行きのNH870便に乗っているのでしょうね。20時頃到着予定なので、今ごろHNDのインタミは報道陣でごった返してるのでは?

・洗いざらい全て話してほしいね。検察には頑張って欲しい。

・ビシビシ取り調べて二度とこんな事しないように厳しく罰してほしい。
余罪もあるのでは。

・前のワイドショーの話しだから真贋は不明ですが、周りが全て捕まり、そいつらに自分に責任を全て押し付けられるのが怖くて捕まるようにしたって聞いた事あります。ワイドショーかなんかの突撃取材にもキレてたし。本当なら巨額を騙す割には意外に小さな奴なんかと感じたニュースでした。巨額なだけに堂々とシラをきるのかと思ってましたが。

出典:yahooニュース

ネットの反応では、今回の事件の中心である実行リーダーであるカミンスカス操容疑者が逮捕されたことにより、詳しい状況や詳細を求める声が殺到しています。

今後このような事件が発生しないためにも検察側を応援する声もあります。

新しい情報が追加されしだいこちらに更新していきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする