宇宙飛行士の金井宣茂が帰還!打ち上げから帰還までの様子は?

5カ月半にわたって国際宇宙ステーションに滞在していた宇宙飛行士の金井宣茂さんが笑顔で地球に帰還しました。帰還の様子は?これまでの経緯は?

スポンサーリンク

           出典:ANN

ニュース概要

5カ月半にわたって国際宇宙ステーションに滞在していた宇宙飛行士の金井宣茂さんが笑顔で地球に帰還しました。

 金井さんたちを乗せたソユーズ宇宙船は日本時間の3日午後9時39分、中央アジア・カザフスタンの草原に着陸しました。約25分後、地球に帰還した3人の飛行士のなかで最後に宇宙船の外に引き上げられた金井さんは、笑顔で手を振るなど元気な様子でした。
 金井宇宙飛行士:「やっぱり体が重いです。改めて重力を感じました」
 医師としての経歴を持つ金井さんは、国際宇宙ステーション滞在中にアルツハイマー病の原因究明のための科学実験などに携わりました。
出典:ANN

日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんが、およそ半年間の国際宇宙ステーションでの任務を終えて、地球に帰還した。

金井さんを乗せた宇宙船は、日本時間の3日午後9時40分ごろ、中央アジアのカザフスタンの草原に着陸した。宇宙船から運び出された際には笑顔で手を振るなど、元気そうな姿を見せていた。健康状態に問題はないという。

宇宙飛行士・金井宣茂さん「やっぱり体が重いですね。改めて重力を感じました。(Q:半年間の宇宙生活を振り返って)うまくできたこともあったし、できなかったこともあった。良い経験をさせていただきました」

金井さんは、去年12月に国際宇宙ステーションに到着後、科学実験や船外活動などの任務を行ってきた。

今月半ばには日本に帰国し、地球の重力に慣れるためのリハビリを行う予定。

なお、今一番やりたいことについては、「白いご飯とおみそ汁を食べたい」とコメントしている。
出典:NNN

着陸後筑波センターでは?

3日夜、宇宙飛行士の金井宣茂さんが地球に帰還しましたが、茨城県の筑波宇宙センターでは120人以上の市民らが着陸の瞬間を見守りました。

 日本時間の3日午後9時39分、金井さんらを乗せたカプセルが予定通りパラシュートでカザフスタンの草原に着陸すると、茨城県の筑波宇宙センターでも、駆けつけた120人以上の市民らから大きな歓声があがりました。
出典:JNN

金井宣茂のプロフィール

名前金井宣茂(かない のりしげ)
年齢42歳 (1976年12月生まれ)
職業JAXA宇宙飛行士、医師、元海上自衛隊
出身千葉県

              出身:Wikipedia

打ち上げの2017年の様子

2017年(平成29年)8月、公式twitterでJAXA職員の女性との婚約を発表した。

同年12月17日、金井を乗せたソユーズ宇宙船がカザフスタンバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。打ち上げは成功し、同19日にISSとドッキングし6か月間の長期滞在に入った。

翌2018年(平成30年)1月9日、公式twitterで「無重力下で身長が9cm伸びた」ことを報告すると、大きな話題となる。

ただし、翌日、アレクサンダー・ミシュルキン(英語版)船長の指摘を受けて再計測したところ2㎝の伸びだったと訂正した。

長期滞在中は、加齢研究や新薬の設計のための実験を初めとした学術研究を行う計画である。
出身:Wikipedia

スポンサーリンク

着陸現場は?

着陸現場は中央アジアのカザフスタンでした。

金井宣茂の着陸後の様子は?

           出典:ANN

最初にカザフスタンの上空でパラシュートが開きました。

           出典:ANN

着陸25分後に3名のスタッフに船内から持ち上げられます。

           出典:ANN

いい笑顔で重力を感じている様子です。一般の人はなかなか重力を感じる機会なんてできないので、素晴らしい体験ですね。

公式Twitterでの金井宣茂のコメント

宇宙でも地球のような生活が実現する日が近づいているみたいですえね!

無事に完了でき、日本人として誇り思える偉業ですね!

今後もご活躍をお祈りしています。

JAXA提供映像

JAXAが提供した映像で、着陸の詳しい様子や、宇宙での様子などを解説しています。

スポンサーリンク

ネットの反応

・運ばれる様子が教祖様みたいだ。
出典:yahooニュース

さらに筑波センターの人々は

 「うれしいですね。無事帰ってきてもらってよかったと思います」(女性)
 「元気に宇宙での仕事をやりきったというかたちが、すごく印象的でした」(男性)
 「笑顔だったので、安心しました」(女性)
出典:JNN

ものすごい体験をして、無事に帰国できてとても幸せそうな様子ですね。

これまでの経験を是非世の人のためにも活かしていけるよう祈っております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする