NEW DIRECTION

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

前田将輝の顔画像!Facebookは?警察官襲撃の動機がやばすぎる!?自宅から駐屯まで自転車で移動!?

time 2019/01/24

前田将輝の顔画像!Facebookは?警察官襲撃の動機がやばすぎる!?自宅から駐屯まで自転車で移動!?

前田将輝容疑者(22)がハンマーや刃物などを持った警察官に襲い殺人未遂の現行犯で逮捕された。気になる顔画像や犯行の動機は?詳しい自宅や現場など分析結果を下記に記載します。

スポンサーリンク

事件概要

富山市で、警察官がまた襲われた。24日午後3時ごろ、富山市池多(いけだ)の富山西署池多駐在所で山本宏樹巡査部長(30)がハンマーや刃物などを持った男に襲われ、負傷した。山本巡査部長が男を取り押さえ、通行人の男性に110番を依頼。駆けつけた戸山西署員が殺人未遂の現行犯で逮捕した。

男は富山大の学生前田将輝容疑者(22)。山本巡査部長は頭部から出血し、救急搬送されたが、軽傷で会話もできる状態だという。

富山県警によると、前田容疑者は自転車に乗って「落とし物を届けに来た」と言って、駐在所を訪れた。山本巡査部長が書類を作成していたところ、頭を突然ハンマーで殴り、持っていたナイフのような刃物で顔などを切り付けたという。当時、駐在所にいたのは山本巡査部長だけで、家族は外出していて無事だった。前田容疑者は「襲ったことは間違いない」と容疑を認めている。

近くに住む70代の男性は「顔面血だらけの警察官が男に馬乗りになっていた」と興奮気味に話した。
出典:日刊スポーツ

前田将輝のプロフィール

名前 前田将輝(まえだ まさき)
年齢 22歳
職業 大学生
住所 富山県富山市五福
罪状 殺人未遂の現行犯

 

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

所属は富山大学?偏差値は?

前田容疑者の自宅は「富山県富山市五福」のエリアにあるとされています。

今回その近辺で該当する最も近い大学は富山大学の五福キャンパスでした。

偏差値は2018年「最新!富山県 大学偏差値 一覧 2018」によると以下の通りです

医学部/医学科72
薬学部63
人文学部55
人間発達科学部54
理学部54
経済学部53
医学部/看護学科53
芸術文化学部53
都市デザイン学部52
工学部51

スポンサーリンク

犯行現場は?

           出典:ホウドウキョク

犯行の現場があったのは「富山西警察署池多駐在所」で住所は「〒930-0158 富山県富山市池多1361−1」になります。

現場は北陸自動車道富山西インターチェンジや富山大病院のすぐ近く。畑が広がる一帯に住宅が立っている。

当時、駐在所にいたのは山本巡査部長だけで、家族は外出していて無事だった。
出典:日刊スポーツ

被害にあった警察官は駐屯所に家族と暮らしており、幸いにも家族は外出をしていたようです。家族がもし駐屯所にいたら被害にあってたのは警察官ではなかった可能性があります。

スポンサーリンク

自宅から犯行現場までは?

自宅から犯行現場まで、どのようにして移動したのか?

報道によると容疑者は自転車で移動をしていた模様です。

富山県警によると、前田容疑者は自転車に乗って「落とし物を届けに来た」と言って、駐在所を訪れた。
出典:日刊スポーツ

距離にして6-7㎞ほどあります。自転車で移動すると約30分程かかり遠すぎず近すぎずという距離に犯行現場はあります。

前田将輝の顔画像やFacebookは?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

犯行の動機は?

容疑者が警察官を襲った理由はなんだったのでしょうか?

前田容疑者は「襲ったことは間違いない」と容疑を認めている。
出典:日刊スポーツ

今回の事件では容疑者は容疑を認めており、計画性のあった犯行の可能性が高いです。

警察は市民の安全を守るために日々交通安全や治安維持をしています。

ただ、そのためには治安を乱しそうな不安要素は手遅れになる前に注意喚起していく必要があります。

そうした行動が一部の人々にとっては時にストレスとなることもあります。

今回の容疑者の行動は警察官との間に何かしらの特別な関係性が過去にあったと考えられます。

人々を守る警察官が時に人々の火に油を注ぐようなケースもあり、そう考えると大変な仕事ですね。

昨年の類似事件

富山市では昨年6月23日、富山中央署奥田交番で稲泉健一警部補(当時46=殉職で警視に昇進)が刺殺されて拳銃を奪われ、直後に近くの小学校で警備員中村信一さん(当時68)が射殺される事件が発生している。池多駐在所と奥田交番は直線距離で約7キロ。近所の主婦は「知り合いと『警察が近くても安心できないね』と話していたのに、こんなに身近な所で」と声を震わせた。

池多駐在所から約600メートルの池多小学校では学童クラブなどで残っていた児童は保護者に迎えに来てもらう措置を取った。
出典:日刊スポーツ

富山県では昨年も交番で警部補が襲われる事件がありました。刺殺され他の警備員が射殺されるという事件で今回よりもひどいものでした。

なぜこのような事件が富山市で繰り返し起きたのか警察官と人々の間になにか特別な問題があるのか気になるところですね。

ネットの反応

・警察官や市民の身を守るためにも、大暴れしたり凶器を振りかざしたりする人間には容赦なく発砲しても良いと思う。やたらめったら撃つとかじゃなくて、日本はあまりに拳銃使用に慎重になり過ぎな気がする。
アメリカではスタンガンのような武器で、被弾したら死には至らないくらいの強い電流が流れて犯人を一時的に麻痺させるものもあるようだから、日本でも導入を検討してはいかがだろうか。

・残念ですが、日本の司法は狂っています(被害者より加害者を必死に守るのが日本の司法です)から、大した罪に問われずに釈放です。もう20年もすれば、中国を朝鮮を抜いて、世界に冠たる犯罪国家です。

・昨年も北陸で元自衛隊員の若者が襲撃した事件がありました。何を考えてるのか理解できない。厳しく処罰してほしいと思います

・命に別状がなくてよかった。重症を負いながら、犯人を取り押さえた警察官に敬意を表します。取り押さえでなかったら、他にも被害者が出たかもしれない。こんな危険な場合、発砲してもいいと思います。模倣犯に対する抑止になるだろうし。

・警察官も油断できませんな。警察官を襲うなんて通常では想像しないだろう。交番も牛丼屋やコンビニで進めている、常時二人対応体制にしなければダメかもしれない。

・去年の元自衛官が警察官の拳銃を奪って学校の警備員を射殺した事件は記憶に新しいけど再び起きるとは。唯一拳銃を扱える警察だけに自己の防御は常に訓練しないといけないね。
出典:yahooニュース

ネットの反応では、今回の事件に対して警官の勇敢な行動に称賛をたたえるコメントが多数あります。

また、警官襲撃という事件が徐々に目に止まるほど数が増えているようなコメントもあり今回の場合が容疑者に対して厳しい罰を求める声が多くあります。

スポンサーリンク