町田昌浩の顔画像は?Facebookは?ハプニングバーとは?犯行の手法は?

東京・六本木の路上で実在しないハプニングバーに男性を勧誘し、現金をだまし取ったとして、町田昌浩容疑者(38)が逮捕された。顔画像は?Facebookは?ハプニングバーとは?犯行の手法は?

スポンサーリンク

           出典:NNN

事件概要

実在しないハプニングバーに男性を勧誘し、現金をだまし取ったとして、38歳の男が逮捕された。

警視庁によると、町田昌浩容疑者は、東京・六本木の路上で男性に「いいハプニングバーがある」などとウソの勧誘をして、接客代金として現金4万円をだまし取った疑いが持たれている。

男性が金を払って、指定されたビルのフロアへ行くと、店は存在しなかったという。

調べに対し、町田容疑者は「弁護士が来てから話す」と話しているが、周辺で同様の被害がほかに8件確認されていて、警視庁が関連を調べている。
出典:NNN

事件をまとめると

六本木でハプバーがあると男性にうそを言い4万円を事前に支払わせる

結果は詐欺の罪で町田容疑者逮捕

ということになります。

どのような方法で事前に4万も支払わせていたのか気になるところですね。

町田昌浩のプロフィール

名前町田昌浩(まちだ まさひろ)
年齢38歳
職業無職
住所不明

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行現場は?

舞台は六本木の路上ですね。

勧誘自体が禁止されている場所で、なおかつ規制の厳しいハプバーとなれば、存在する確率が低いことは明白ですね。

ハプニングバーとは?

ハプニングバーとは、性的にいろいろな趣味を持った男女が集まり客同士で突発的行為を楽しむ、バーの体裁をとった日本の風俗。ハプバーなどと略される。
出典:Wikipedia

基本的には、どんな趣向の性行為でも可能のようで、お店によってルールや制限がいろいろあり、単独男性で入れないところや、きちんとしたシステムなど様々である。

普通のバーと違い突発的に行為が行われることもあり、過去にはさまざまな事件が発生していたようです。

ハプニングバーの料金もピンキリであるが、4万円はさすがに高すぎですね。

普通の風俗店に行ったほうがいくらかましにおもえますね。

町田昌浩の顔画像は?

           出典:NNN

全体的に短髪であごひげなどが生えているのが特徴の男性です。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・よく路上で金払うよなぁ。普通は、お店に入るまでは払わないだろう。

・とんだハプニングだったな

・鼻の下伸ばして、4万円もキャッシュで払ってしまうのだから、
きっと 泡銭”なのでしょう。

・これがホントのハプニング!

・重罰を与えないといけない。この男、ほっておくと、またやりそう。

・もちろん犯人も悪いけど、事前に払う方もどうかと思う(笑)

・弁護士が来てから話すとか、怪しいやつほど弁護士に頼る
そうゆう輩は叩けばいくらでも余罪が出てくると思うわ

・ソープに行ったがマシじゃね?

・都会のモラルか? よくも4万円を払うもんだと感心しきりでおります。

・この顔に誘われてついてって、ほんとの泥酔者だけじゃないのか? 余罪がもっともっとありそうに思う。
出典:yahooニュース

ネットの反応では被害者を哀れに思うコメントが多いようです。

そもそも店に入る前から現金を前払いする時点で怪しむべきところをそのまま払ってしまうところが日本人がまだまだ平和ボケしているという証拠ですね。

このような事件で引っかかる日本人が減るよう祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする