NEW DIRECTION

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

宮原正篤の顔画像!妻に火をつけて殺害未遂で逮捕!犯行の動機や犯行現場の情報は?

time 2019/01/18

宮原正篤の顔画像!妻に火をつけて殺害未遂で逮捕!犯行の動機や犯行現場の情報は?

妻に火をつけて殺害しようとしたとして、金沢西署は18日、金沢市粟崎町3丁目の無職宮原正篤容疑者(80)を殺人未遂の疑いで逮捕されました。気になる顔画像や犯行現場や動機など詳しくは下記へ!

スポンサーリンク

           出典:ANN

事件概要

妻に火をつけて殺害しようとしたとして、金沢西署は18日、金沢市粟崎町3丁目の無職宮原正篤容疑者(80)を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。「やけどさせようとしたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 同署によると、宮原容疑者は18日午後2時20分ごろ、同市大野町4丁目の空き地で妻のます子さん(79)に油のようなものをかけて火をつけて殺害しようとした疑い。ます子さんは全身にやけどを負い、市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体。

 通行人から110番通報があり、かけつけた署員が空き地で倒れているます子さんを発見。近くに駐車していた軽乗用車内にいた宮原容疑者は「車内でもめたので油をかけて火をつけた」と話したという。車内から油が入った金属製の缶が見つかったという。宮原容疑者も右足にやけどを負っていた。2人は別居中でともに市内で一人暮らしをしていたという。
出典:朝日新聞デジタル

宮原正篤のプロフィール

名前 宮原正篤(みやはら まさあき)
年齢 80歳
職業 無職
住所 石川県金沢市粟崎町3丁目
宮原ます子(79歳)

 

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行現場は?

自宅「石川県金沢市粟崎町3丁目」

犯行現場「石川県金沢市大野町4丁目」

犯行現場は自宅から車で10分の距離でした。

なぜここまで離れたエリアで犯行がおこなわれたのか理由は不明ですが、どこかに向かう途中でもめてたまたまたどり着いたことも考えられますが、エリア的になるべく一目の着かない場所で身バレを防ぐため自宅から遠ざかった目的で犯行場所を選んだ可能性があります。

           出典:ANN

現場後には黒焦げの痕跡があり、被害者が焼けてた場所と思われます。

           出典:ANN

スポンサーリンク

犯行動機は?

今回の容疑者は「やけどさせようとしたが、殺すつもりはなかった」と供述していました。

車内には金属缶の油が積まれてあり、計画性のあった犯行の可能性もあります。

計画性があるとすると日ごろからストレスを抱えていて、それを晴らすために今回の犯行で押さえていたものを爆発させたとも考えられます。

80歳にもなれば脳の老化で起こりやすくもなり、身体的不自由からストレスも発生しやすいです。

今回の犯行はそうした積み重ねからくるものだと考えられます。

宮原正篤の顔画像は?

           出典:ANN

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

現場には容疑者が乗ってた車があり搬送されていました。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・揉めたのなら、しかたないね。って、ならんっ!!!年をとったら、怒っちゃダメだ。穏やかに、優しい老人になるべきだな。おれも気をつけよう。

・正気とは思えない。最近のお年寄り怖すぎる。

・現在の60〜70歳台ぐらいが最も苦労もせずに管理職になって退職金も結構貰った世代で最もダメな老人になっていると聞いたことがあるな。

・なんか善悪の判断ができない人種がふえたなあ… 犠牲になった奥さんがあわれだ…

・長い間連れ添ったのだろうに…酷い話だよ。

・いい年をして、揉めたらその相手に火をつけますか?この人、もう正常な判断ができていないと思います。どんなに相手に非があったとしても、人に火をつけたりできませんし、黒焦げの人は見たくはないでしょ!

・最近の60代70代は馬鹿が多い世代。80代もだったか…昔と違いうやまえる様な高齢者が物凄く少なくなった気がする。

・奥さん 可哀想…。助かってほしいし 誰か 助けてやってほしい。ずっと この 夫の 横暴に 今まで耐えてきた事だろう。

・生きたまま火葬炉で燃やされたらいい。奥さんの苦しみが分かるだろう

・火をつけたことも怖いけど、油のようなものを持ってるのも怖い。
ライターオイルか?
出典:yahooニュース

ネットの反応では、近年増加傾向にある年寄り同士の犯罪に心を痛める声が多くあります。

核家族世帯が増加したことにより、年寄り夫婦は2人で暮らす世帯が増え、面倒も互いに助け合うかどちらか片方が一方的に寄りかかるような形で暮らすことが多くなっています。

年寄り同士で様々なことが不自由になり、ストレスもたまりやすくなり必然的に争いも増えます。

こうした背景をもとに日本国民全体で助け合う習慣を新たに作っていく必要が求められますね。

老人ホームや介護施設などに頼るのではなく、近隣住民やボランティアで助け合う精神が今後は必須の時代になりつつあると思われます。

スポンサーリンク