NEW DIRECTION

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

守田和仁, 浜野椋也の顔画像!コツメカワウソを密輸で逮捕!カワウソの値段が驚異的な金額!!!

time 2019/01/23

守田和仁, 浜野椋也の顔画像!コツメカワウソを密輸で逮捕!カワウソの値段が驚異的な金額!!!

守田和仁容疑者(52)と浜野椋也容疑者がコツメカワウソを密輸して外為法と関税法違反の罪に問われて逮捕されました。気になる顔画像や保護されたカワウソの様子や売られたときの相場の値段は?

スポンサーリンク

           出典:ANN

事件概要

希少な野生動物であるコツメカワウソが「モノ」のように扱われる。裁判や捜査関係者への取材で、密輸の実態が浮かんできた。

 昨年12月21日、東京地裁。ともに外為法と関税法違反の罪に問われ、今回の事件でも再逮捕された守田和仁容疑者(52)と、無職の男(22)=有罪判決=の初公判があった。2人は同年6月にタイからコツメカワウソの子ども3匹を密輸したという起訴内容を認めた。

 冒頭陳述などによると、守田容疑者は、指示役の日本人らしき男にカワウソを運ぶよう言われ、昨年6月18日に成田空港からタイに向かった。共に起訴された無職の男から、成田で渡航費約12万円を渡された。現地で指示役の男からカワウソ3匹が入ったボストンバッグを受け取ったという。

 捜査関係者によると、カワウソは薬で眠らされ、小さな竹カゴに1匹ずつ入れられていた。そのままバッグに詰め込まれ、「機内預け入れ荷物」として飛行機に乗せられていた。

 無職の男は翌19日から20日にかけ、東京・池袋の小動物と触れあえる店舗に電話し、「1匹40万円ぐらい」と売却を持ちかけた。21日、守田容疑者から成田空港ビルのロビー出口付近でバッグを受け取り、2日後に段ボールに入れて同店へ。店からの通報で事件が発覚した。
出典:朝日新聞デジタル

今回の事件系列をまとめると

①、昨年6月18日守田容疑者は、指示役の日本人らしき男にカワウソを運ぶよう言われに成田空港からタイに向かった。

②無職の男から、成田で渡航費約12万円を渡された

③現地で指示役の男からカワウソ3匹が入ったボストンバッグを受け取った

④カワウソは薬で眠らされ「機内預け入れ荷物」として飛行機に乗せられた

⑤無職の男は翌19日から20日にかけ、東京・池袋の小動物と触れあえる店舗に電話し、「1匹40万円ぐらい」と売却を持ちかけた

⑥21日、守田容疑者から成田空港ビルのロビー出口付近でバッグを受け取った

⑦2日後に段ボールに入れて同店へ。店からの通報で事件が発覚した。

⑧昨年12月21日、東京地裁。ともに外為法と関税法違反の罪に問われ、今回の事件でも再逮捕

守田和仁と濱野椋也のプロフィール

名前 守田和仁(もりた かずひと)
年齢 52歳
職業 不明
住所 不明

 

名前 濱野椋也(はまの りょうや)
年齢 22歳
職業 不明
住所 不明

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

犯行現場は?

守田和仁と濱野椋也の顔画像は?

           出典:ANN

上記が濱野椋也容疑者の顔画像です。ベージュのコートにフードを被っていますね。

           出典:ANN

上記が守田和仁容疑者となります。白髪交じりの短髪で、眼鏡をかけています。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

生き残ったカワウソの画像

           出典:ANN

           出典:ANN

5匹中一匹のみが無事に生存したまま保護されました。

非常にかわいい動物で人気が高いのにも納得できますね。

ただしカワウソは臭いが非常に強いという事実もあり、ペットとして買うのは非常に難しい生き物としても有名です。

そうした事実がわかっていればむやみに買いたいという人も減るかと思います。

スポンサーリンク

カワウソの価値は?一匹100万円!?

カワウソは絶滅危惧種の動物として認定され、ワシントン条約で国際取引法で禁止されています。

日本ではカワウソの需要が非常に高く買い手は多くいます。

しかし供給量が足りなく、以前は50万から60万円前後で販売されていましたが、供給量が減りその値段は倍近くの値段になっています。

一方で容疑者が入手したタイではカワウソはほんの数千円程度と価値はかなり低く、安価で仕入れられます。

ここまで値段の相場に差があれば密輸業者が目を光らせるのも無理もない話ですね。

ネットの反応

・密輸、殺死処分された動物逹、何故無くならないのか、単純に考えるとすべてビジネス絡み!ペットフード業界を始めとし、各ペット企業がペットショップを底上げし、政治家に金を流す。動物の需要と供給のバランスを崩すしかない

・同じようにキャリーバックに放り込んで市中引き回しの刑が妥当です

・日本に密輸されたカワウソは5匹中、4匹が死んでいたとのこと…
目先の金のために、生き物の命を粗末にする犯人は厳罰に処分して欲しい

・確かにコツメカワウソは可愛いし飼いたい気持ちも分かるが、レッドリストに指定されているのだから、愛玩目的の飼育は避けるべきでしょう。

・転売ヤーの末路。
儲かるのかもしれないけど、人として大切な何かを忘れてると思う。

・密輸する連中が悪いのは当然だが、むやみに欲しがる連中も悪い。
カワウソは個人飼育に適した動物ではない。

・可愛いペットの裏に闇がある。密輸や劣悪な環境での飼育・ブリーディング、飼いきれなくなったと捨てられ処分される。もっと厳罰化するべきです。出典:yahooニュース

今回のカワウソの5匹中4匹も無くなってしまい心を痛める声が多く厳罰を求める声が後を絶たないようです。

なかなか無くならな密輸業者ですが、空港の管理体制がまだまだあまいのがよくわかる事件となりました。

このような密輸を許さないためにも管理システムをもっと向上させる必要がありますね

スポンサーリンク