岡宮広一の顔画像は?フラワーのお店はどこ?暴力団の住吉会系とは?

岡宮広一容疑者(44)は、東京・歌舞伎町のビルで違法カジノ店「フラワー」を経営し、客にバカラ賭博をさせた疑いで逮捕されました。顔画像や、お店の情報、暴力団にについて下記で記述します。

スポンサーリンク

           出典:FNN

事件概要

違法カジノ店で、1億円以上を売り上げていた。

岡宮広一容疑者(44)は、東京・歌舞伎町のビルで違法カジノ店「フラワー」を経営し、客にバカラ賭博をさせた疑いで逮捕された。

警視庁は6月、店を摘発していて、バカラ台やスロット機を押収し、従業員や客ら28人を現行犯逮捕した。

調べに対して、岡宮容疑者は容疑を認めている。

この店は、2017年12月から2018年6月まで、370人の客が会員登録し、およそ1億2,500万円を売り上げていたということで、警視庁は、売上金が住吉会系暴力団に流れたとみて調べている。
出典:FNN

28人全員逮捕とはかなりの人数になりましたね。2017年といえばカジノ法案について話題になりオリンピックに向けていち早く作っていた可能性もありありますね。一年間で少ない客から一年間で一億円とは、お客さんたちもよっぽど上物だったのでしょう。

岡宮広一のプロフィール

名前岡宮広一(おかみや こういち)
年齢44歳
職業カジノ経営者
住所不明

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

犯行現場は?

今回摘発された現場は東京の新宿歌舞伎町でした。

問題の「フラワー」店はGoogleMAPではヒットされませんでした。

スポンサーリンク

押収されたものは?

           出典:FNN

バカラ台が押収されていますね。サイズもかなり大きいため複数人の大人が運ぶ必要があって大変そうですね。

           出典:FNN

こちらはイミソーレというスロットマシーンで、一般のパチスロ店にもおいてある機種ですね。

パチスロはよくてカジノという名目はダメなんですね。

岡宮広一の顔画像は?

           出典:FNN

容疑者は報道に映るのを避けていたせいか連行される間はずっと車の中では顔を伏せていました。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

スポンサーリンク

ネットの反応

・イミソーレ面白かったなぁ

・イミソーレやん笑4号機多いんだろうな笑笑

客は儲かるわけないんだけどやっぱ病気かね。

半年で1億2500万か。なんか思ったより悪質じゃないのかもしれん。

経営者はもちろんだけど、そこに通う客も悪い

外国人から、見ると、パチンコのほうが違法だと思うけど?

・限られた人しか遊んでないのに売り上げがすごい。

・何年後には合法国が胴元で大儲けです。治安が悪化です。

・日本にカジノができたら、こう言う裏カジは廃れるのかな?
4号機とか打てる分には裏パチ屋として残るのかな?

・入場料払ってバクチする奴は少ないですよ(笑)

・国としてカジノ作ろうとしてるんだから、今さら違法も何もないんじゃねーか?
出典:yahooニュース

ネットの反応では、悪いものについての指摘が多くあります。店を経営するものが悪いのはもちろん、従業員もそこに通う客も悪いという声や、そもそも同じギャンブルのパチンコ店もやってることは違法だという指摘が多くありました。

今後このようなカジノが普及して、日本の治安が悪化しないよう祈るばかりですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする