山陽新幹線の被害者は介護士の男性!?事故の要因、被害状況、請求額、記者会見などまとめ!

14日、山陽新幹線「のぞみ」が人をはねた事故で、運転士が異音に気づきながら、指令所に報告をせず、走行していたことがわかった。被害状況や男性についてまとめてあります。

スポンサーリンク

           出典:NNN

事件概要

14日、山陽新幹線「のぞみ」が人をはねた事故で、運転士が異音に気づきながら、指令所に報告をせず、走行していたことがわかった。

この事故は、山口県の新下関駅で、博多から東京に向かっていた新幹線のぞみのボンネットに破損が見つかったもの。警察などによると、福岡県北九州市の線路内などで、遺体の一部が見つかっていて、死亡したのは、福岡県に住む介護士の男性(52)だという。

JR西日本によると、運転士は、異音に気付きながら走行を続けていて、博多駅から小倉駅を走行中、「ドンという音がしたが小動物と衝突したと思い停止させる必要はないと判断した」と話していて、指令所にも、異音の報告をしていなかった。

JR西日本は、「異音に気づいた時点で指令所に報告すべき事案だった。改めてルールを順守させたい」としている。
出典:NNN

被害者のプロフィール

名前不明
年齢52歳
職業介護士
住所福岡県

これ以上の情報は公開されておりませんでした。情報が追加され次第こちらに更新します。

スポンサーリンク

異音がした事故現場は?

事故は博多から東京行きで博多駅から小倉駅を走行中に異音がドンという音がした。

破損が確認された事故現場は?

破損が確認されたのは山口県の「新下関駅

スポンサーリンク

事故の様子は?

事故は「山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(乗客約200人)」で発生しました

           出典:NNN

上記の画像では右先端が破損しています。

           出典:NNN

上記の画像で表面に血のような痕跡があります。

さらに福岡県警によると、

北九州市八幡西区の石坂トンネル西側で人体の一部が、東側で衣服の切れ端が見つかり、事故との関連を調べている。
出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

利用者の被害状況は?

事故の現場検証に時間がかかり、山陽新幹線は博多―広島間で上下線ともに最終まで運転を取りやめた。計76本が運休し、4万1500人に影響が出た。広島―新大阪間で最大140分以上遅れ、九州新幹線にも遅れが出た。
出典:朝日新聞デジタル

福岡に観光に来ていた人々などが宿を探している様子もあり、博多駅内では利用客でごった返した様子だったそうです。

今回被害における請求額についての情報は一切触れられていませんでした。

記者会見の内容は?

           出典:NNN

会見途中の内容は一部以下の通りです。

JR西日本の平野賀久副社長は、会見の冒頭で、「多大なる影響を与え、4万人を超える利用者にご迷惑をおかけした」と謝罪した。

14日の事故では、運転士が走行中に『ドン』という音がしていたことに気づいたにもかかわらず、指令所に報告せず、そのまま走行を続けたことが問題視されている。

今回の事故を受けて、平野副社長は、「安全であることが確認できない場合は、迷わず列車を停止させることを徹底したい」と話し、安全に対する現場の意識の向上を図りたいとしている。

一方でJR西日本は、今回の事故の対応について報告しなかったことは問題だが、速やかに緊急停止せず走行したことに危険性はなかったと説明している。
出典:NNN

スポンサーリンク

ネットの反応

・ホームの事故ならみんな気づくから線路内の事故だよね新幹線の線路内に入るって自殺目的かな踏切って浜松工場近くにあるだけだよね

・新幹線止めたら遺族が大変だな。

・介護の仕事に疲れたか…?何があったかわからんが。

・直方の人ならわかりますよねどこで落ちたのか・・・新幹線や高速をよく利用する福岡の人はわかると思う。わざわざではなく思い詰めて近くの・・・だと思う。安らかにお眠りください辛かったんだろうなと思う。

・ご冥福を祈ります

・個人判断だけでまだまだ徹底していないのが問題だな

・脱線・転覆などの営業運転上の死亡事故ゼロが売りの新幹線なのに、自殺の道具には使われて欲しくないですね。

・車体壊して 運行止めて これ請求くるの? いくらだろ

出典:yahooニュース

ネットの反応では死亡した男性の動機が気になるかたや、請求額についてきになる意見が多いようです。また安全最優先を掲げてきたJRですが、今回の個人判断での問題については見直す必要があるとの意見も多くあります。

今後、インバウンドでさらに利用者の増える新幹線で人々が快適に安心して利用できる工夫を祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする