佐藤真司の顔画像は?犯行現場の荒れてた模様の自宅画像は??

佐藤真司容疑者(37)は1月上旬、栃木県矢板市の自宅で当時6歳の長男を暴行し、全治2か月の大けがをさせ、逮捕されました。気になる犯人の顔画像は!?Facebookアカウントは?暴行があった自宅写真も公開!その他詳しく記載します。

スポンサーリンク


        出典:ANN

事件概要

当時6歳だった長男は腹を殴られるなどして一時、意識不明になりました。

 佐藤真司容疑者(37)は1月上旬ごろ、栃木県矢板市の自宅で長男(7)の腹を殴るなどして、全治2カ月の大けがをさせた疑いが持たれています。長男は内臓を損傷して一時、意識不明になりましたが、現在は回復しているということです。警察によりますと、長男は妻の連れ子で、佐藤容疑者と一緒に生活していました。
出典:ANN

佐藤容疑者は取り調べに対し、

「身に覚えがありません」
出典:ANN

と容疑を否認しています。

警察は日常的に虐待していなかったか捜査しています。

佐藤真司のプロフィール

名前佐藤 真司(さとう しんじ)
年齢37歳
職業不詳
住所栃木県矢板市

家族構成については詳しい公開情報はないが、妻と長男の他に犯行現場の映像から自宅に女の子用の三輪車があったため娘もいると思われます。

犯行の動機は?

今回、佐藤真司の容疑者の犯行動機で詳細は述べれられていませんが、推測できる犯行要因の一つとして被害者の息子が妻の連れ子であり、自分との血縁関係がないことです。

離婚の多い日本では連れ子の妻との再婚は多く、他人の子供に愛情がわかないせいか、同じ境遇にいる家庭は父親が少し暴力気味になる傾向があります。

離婚問題は国家問題として日本では騒がれてますが、再婚後の子供の保護についても慎重に考えていくべきですね。

犯行現場は?暴行があった様子がうかがえる自宅画像


容疑者の自宅がある栃木県矢板市は、観光名所としても有名な日光に近く、内陸の山のふもとに位置する場所です。自然が豊かでとても穏やかな環境です。

         出典:ANN

外装は一見きれいな一軒家のように見えますが、障子が破れている様子や手入れが行き届いていなさそうな様子があります。

障子が破れているのが暴行によるものかどうかは不明ですが、そういった細かいところに配慮するほど余裕がない精神状態だったかもしれませんね。

スポンサーリンク

佐藤真司の顔画像は?

今回顔画像はメディアには公開されておりませんでした。

FacebookアカウントやTwitterで同姓同名のアカウントは確認できましたが、特定ができませんでした。気になる方は検索結果を紹介しております。こちらから御参照ください。

佐藤真司の罰は?今後の処罰は?

今回、佐藤真司容疑者は、子供に暴行を加え全治2か月の傷を負わせました。

よって、刑法第二百四条の「傷害罪」に該当するかと思われます。

第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
出典:電子政府の総合窓口

現在回復傾向なのが何よりですね、親の影響で子供が悪い方向にいかないよう祈るばかりです。

スポンサーリンク

ネットの反応

・呑み屋などで知り合い相手をよく知らないまま、直ぐに結婚し離婚。また、気軽に再婚して、子供が虐待されてしまう。もっと慎重に行動して、子供を守らなければいけない。この父親とは、離婚し頑張って子供たちを育ててほしい。父親は、一生刑務所に入れてほしい。
・こういう事件がありすぎて子供の小さいうちは再婚したくない。
・でたでた。いつもの妻の連れ子を虐待。極刑でお願いします。
・個人的な意見だが生かしておく理由が無い!余が直々に天誅を!斬!
出典:ANN

同じような事件が過去にも多くあり、日本では子連れ妻の旦那が暴行に走る傾向にあることについてネットではつぶやかれてます。

ただでさえ両親片方かけた状態で、そこに他人の大人と同居し暴行が加えられるのは、子供からしたら想像できないほどのストレスだったと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする