NEW DIRECTION

最新ニュースや芸能情報など生活に役立つをお届けします

将来の夢がない人必見!中学高校生や社会人でも可能な見つけ方10選!

time 2019/06/20

将来の夢がない人必見!中学高校生や社会人でも可能な見つけ方10選!

将来の夢がわからない、やりたいことが見つからないそんなときに役立つ方法を紹介します。この方法は子供から大人まで再現か可能な方法です。人によって適切な方法は異なるため厳選された下記の10選をいろいろと試すことをおすすめします。

人は生きていれば誰もが一度は考える自分の存在理由や将来の夢、やりたいことが何なのか?

でも現実なかなか見つけることが難しいと思う人は数多くいる。学校の作文で書かされたり、就活や転職で自分がなんの仕事をしたいのか考えさせられたりと困る場面が何度もあるかと思います。

しかし、自分の夢ややりたいことが明確になると人生が一気に好転します。

人は夢や本気でやりたいことが明確になるとそれに到達するためにやる気がこみ上げてきて、自信が持てて輝けるようになります。

夢探しで大事なことは三つで、知識と経験と考察です。

具体的に自分が本当に歩みたい人生を見つけるためにぜひ下記の10選の方法で試してみてください!

スポンサーリンク

1夢リストを100個書く

見出しに「夢リストを100個書く」と記入しましたが、やることはシンプルで叶えたい夢を100個書くことです。

夢が見つからないという人は、まず考え方を変える必要があります。それはやりたいことや夢は一つである必要がなく、大きば野望などである必要もありません。なぜなら大きいか小さいかは人の価値観できまり、夢はいくつでも叶えることができるからです。

大事なことは自分が叶えたいと思うことであり、その夢がかなうと幸福と感じられるかが重要です。

例えば「お金もちになる」、「プロ野球選手になる」という定番な夢でもいいですが、「毎週いちごパフェを食べれる生活をする」や「昼寝ができる働き方を実現する」、「人気者になる」など些細なことでも叶えたいのであれば大丈夫です。

人生を成功に収めているひとは大小あれどいくつもの夢を持っています。

それをいくつも達成できるのはどうすれば達成できるかをきちんと考えているからです。

そのため、まずは自分が叶えたいものを書き出し、どうすればすべて叶えられるか調べ考えるとおのずと自然と見つかります。

100個考えるのは大変ですが時間をかけてどんどん追加し、達成されたらまた追加で更新すると良いでしょう!

2過去の体験から考える

自分が何をしたいのか、何をしたら喜ぶのかそれがいまいち理解できていない人は未来を考えるのではなく過去を振り返る必要があります。

自分が何をやりたいか、喜ぶか、幸せを感じるか、何を軸に物事を判断するかはその答えやヒントはすべて過去が物語っています。

スポーツで優勝し幸せを感じたのなら、未来でも同じ体験を求めるかもしれません。それが夢になるかもしれません。

家族と一緒にいる瞬間が最も幸福なら、未来でも家族と長くいられれるような人生にすることが夢となりえます。

このようにすでに過去には既に多くの考えられる材料がありますが、学生のうちだとまだ人生が短いため少し難しいかもしれません。

ただ一つ以上でも思い当たることがあればまずはそれを一つの夢とするのがおすすめです。

スポンサーリンク

3映画、テレビなどの動画を参考にする

映画やテレビなどは人々の関心を引き付ける要素があり、それが夢につながったりすることは良くあることです。

映画の世界が自分の理想とする人物像や人生像が体現されていたり、俳優やモデルやアーティスト、アスリートなどに憧れたりして将来の夢と化します。

今の芸能人の多くは少なくともテレビや映画の影響でその職業になりたいと思った人が多くいると思われます。

芸能人以外でも映画やテレビは目と音で刺激を与え新たな可能性を生みます。

夢が思いつかない人はまずは知識をどんどんつけることが重要です。

いろいろな情報をランダムに習得できるテレビは偏った情報にならないため夢探しにはとても有効です!

※下記の動画は「死ぬまでに行きたい世界の美しい絶景100選」で夢探しに参考になる動画です。自分の行きたい国はないかどうか一度見てみるといいでしょう!

4本を読む

本も知識を取得して夢のヒントを探すという面では映画やテレビと同じになりますが、本が映像よりも勝る点はより専門的で信頼された情報が多いことです。

またテレビと違って情報も多くあり、より深く知ることができます。

夢さがしについての本も世の中にはすでに多く存在しているので、直接そのような著書を読むのも一つの方法です。また直接関係なくてもモデルの雑誌や旅行の本などもヒントになります。

その中からなりたい人物像の参考にしたり、行きたい国を探したり、欲しいものがないか確認したりとできます。

スポンサーリンク

5友達と夢を語り、年上からアドバイスをもらう

夢探しはなにも一人でしなくても可能です。年上に対して夢を話すのはちょっと緊張や照れくささがありますが、現実的なアドバイスなどをくれます。

自分の夢に対してどのようにしたら実現するのか、親身になって真剣に考えてくれる人のアドバイスがいいでしょう。

逆に変に古い考えや夢を否定するような意見には納得できなければ、自分なりに考え他の人の意見も聞くといいでしょう。

また、同世代と夢を語ることもおすすめです。同世代では話しが盛り上がり、夢を膨らませたり新しく夢を共有することもできます。

相手も同じように夢を模索しているかもしれないので、自分がアドバイスする立場になればそれは自然と自分へのアドバイスにもなりえます。

6旅行に行く

よく自分探しで旅や留学をする人がいるように普段とは違う場所にいくことは新しい価値観や文化に触れたりすることができ、自分の視野を広げることができます。自分の視野や経験を広げることで夢探しの手助けとなります。

重要なことは新しい経験をすることです。

普段の生活環境内での出来事だとどうしても視野が狭まれてしまいます。限られた範囲内でいくら夢を考えても出てこないこともあります。

自分探しというのは視野を広げ、いろいろなものを経験し自分との化学反応を確かめることです。

国内旅行でも海外旅行でも付近の日帰り旅行や留学でも期間や手段はなんでもいいのでとにかく違う地にいってみましょう!

スポンサーリンク

7環境を変える

夢探しに重要なことはとにかく経験です。ただ同じ環境に留まっていては新しいことを経験することが困難となります。

ここでいう環境を変えるというのは家を引っ越したり、仕事を変えたり、付き合う人間関係を変えたりすることです。

環境を変えることによって人は生活パターンや価値観や考え方も変わり、違った自分を発見することもできます。

夢を探すことは常に周囲と自分の化学反応を見ることです。

新しい環境に身を置いて、そのときの自分の反応を客観的に観察し夢を見つけるといいのです。

8異業種交流会や国際交流する

異業種交流や国際交流は自分と異なる世界を生きてきた人々を交流するのに適しています。

普段慣れ親しんだ人以外の異なる人々と交流することは、新しい価値観の発見や視野拡大につながります。

現状の状況に不満があれば、いろいろな人の考えや経験に触れてみましょう。そこに自分の夢の答えやヒントがあるかもしれません。

異業種交流や国際交流はサイトやアプリ、SNSで調べれいくらでもあります。

仕事終わりや休日の合間にぜひ一度そういった環境に足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

9自己分析と他者評価を繰り返す

夢探しで大事な要素は経験や知識を積みながらとにかく己をよく知ることです。

時間をかけて何が好きで何が嫌いか?何が得意で何が不得意か?すべての事に対して自分に質問を投げかけ、自分とはなんなのかを明確にしていくべきです。

夢とは直接関連でない内容でも一つ残らず曖昧な部分は明確にするように努めましょう。それがあとあと大事な情報となるかもしれません。

また、自己分析ではどうしても頭が回らないところは他人に質問を考えてもらい、それに答えていくかたちも試してみましょう。

さらに、自分がどんな存在なのか他者の意見も聞いてみましょう。同じ質問を他人に答えてもらって、自分の解答とすり合わせて考えてみるのもいいでしょう!

10無理に考えるのを辞めて待つ

上記の9つの夢探しの方法を紹介してきましたが、どうしても考えてもピンとくる答えがでないときは考えるのを一旦止めて待つことです。

考えて考えても出てこない場合は知識や経験が足りないだけです。そんなときはとりあえず、時の流れに身を任せて過ごすことです。

想いもよらないときに突然閃くことがあります。

それでも早く見つけたい人はなんとなく心の片隅にアンテナを張っておくといいでしょう。

夢や自分の興味が出そうなことがないかなーと軽く思っているだけで十分です。脳が自動的に必要な情報をキャッチしてくれるのでおすすめです!

スポンサーリンク

おわりに

今回夢探し、やりたいこと探しの方法を紹介してきました。

大事なことはとにかく知識と経験と自分を知ることです。

方法は上記以外にもいろいろありますので大事な要素を満たせるものであれば自分にあったやり方で試すといいでしょう。

書いた私自身も何度も自問自答して時間をかけて上記の方法を一通りためし夢を見つけることができました。

皆さんも早く夢をみつけ素晴らしい人生の歩みをスタートできることをお祈りしています!